2008年06月16日

資材価格の高騰を理由に請負代金の増額を施主に要請できるか

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 最近、資材価格が高騰しています。特に鋼材類と燃料油はすさまじい高騰ぶりです。
 当然、ビルダーの皆様方も対応に苦しんでいらっしゃるのではないか?と思います。

 「もう、お施主様には見積書を提出済みであり、今更、値上げをお願いすることはできないよな。」とあきらめ顔のビルダーの皆様、ちょっと冷静に自社の請負契約約款を見てみましょう。
 「工事材料の日本国内における価格に著しい変動を生じ、請負代金額が不適当となったとき」には請負代金の変更を施主に求めることができる。という条項はありませんか?
続きを読む
posted by s-housing at 09:27| Comment(14) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

200年住宅で商標が取れるか?

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 200年住宅が大流行です。
 
 超長期住宅先導的モデル事業についても、意欲ある工務店は取り組むようですし、国の施策としてもまずまずの滑り出しではないか、と思っています。
 
 さて、工務店の皆さんは、200年住宅に乗ってビジネスをする事になるのでしょうが、ビジネスを展開するにあたって重要になるのが、「商標」によるブランド構築です。
 
 実は、200年住宅に関して、真剣にビジネス展開を考えている企業は、既にブランド構築のための商標申請をしています。
続きを読む
posted by s-housing at 16:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

スルガコーポレーションの事件は判例上どうなのか?

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 前回、前々回とスルガコーポレーション事件に関する解説をこのブログでしたところ、多くの質問を頂きました。
 
 質問の多くは、「弁護士でなければ立ち退きをやってはいけないの?」というものです。
 
 それに対する答えは、前回のブログのとおり、「弁護士法上は、ダメです」というものなのですが、立ち退きを業務として請け負っている業者もいるくらいですから、今更「ダメ」と言われても困ってしまう業者が沢山いるはずです。
 
 ただ、裁判の世界では、立ち退き業務は弁護士法72条違反であるとの決定も出ていますので、やっぱり「ダメ」なのでしょう。
 
 今回は、この裁判所決定について紹介したいと思います。
続きを読む
posted by s-housing at 09:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

スルガコーポレーションの外部調査委員会の調査報告書を読んで

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 スルガコーポレーションが、立ち退き交渉を光誉実業なる会社に依頼し、この光誉実業の社長ら関係者12名が弁護士法72条違反の容疑で逮捕された件について、前回のブログで「動きが悪い弁護士が悪い」と意見を述べましたが、私の依頼者の中には立ち退き交渉を立ち退き代行会社に依頼している会社もあり(また、地主さんや大家さんから依頼を受け、自ら立ち退き代行をしている不動産屋さんもいます)、多くの法律相談を受けました。
 
 この法律相談を受ける過程で、弁護士法の研究をしたり、判例の研究をしているのですが、やはり、注目していたのは、スルガコーポレーションが2月26日に設置した外部調査委員会(3名の弁護士と1名の公認会計士より構成)の見解です。
続きを読む
posted by s-housing at 15:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

「スルガコーポレーション」が所有したビルをめぐる弁護士法違反事件

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 東証2部上場の不動産・建設会社「スルガコーポレーション」が所有したビルをめぐる弁護士法違反事件が話題になっています。
 
 うちの事務所にも「立ち退きにあたって、業者を使ってはいけないのですか?」という質問が殺到しており、私は、「明け渡し交渉をするには、所有者本人か弁護士でなければなりません。」と説明しています。
 
 今回、明け渡しに関し、立ち退き交渉の報酬として10億円以上が支払われたと伝えられていますが、10億円ものコストをかけるのであれば、弁護士を使っても大金のおつりが出るはずです。
 
 どうして、あえて立ち退き業者を使うのか?
続きを読む
posted by s-housing at 09:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。