2006年11月24日

家守りビジネスの誕生

執筆者野辺公一
●オプコード研究所

FC展開としての家守りビジネス 
 
 家守りというビジネスが出現した。空家、高齢世帯を中心対象として、年間契約金3万円で、年2回の点検と生活上の不具合を解消する、というサービス事業だ。さらに、現在の家は大き過ぎて不便、とその家を貸して、自分たちはこじんまりとした駅前マンションに住みたい、といったニーズにも応えている。

 この本部は、家守りとして管理や細かな点検を続けてきたある工務店の経営者が、ノウハウとしてまとめFCとして展開しはじめた。もちろん、背後にはノウハウのまとめ屋さんたちが存在していることは言うまでもない。

 ただでさえ、新築もリフォームも取れない時代の中で、年間受注棟数5戸未満という元請け大工や工務店たちを組織化する形で動きはじめたのだ。
 
 1FCで5,000棟。ということは1億5千万円。売上としてみると大したことはないように見えるが、派生仕事まで含めると仕事のない工務店や大工たちからすると救いの神。

 加入に際しては、徹底した顧客サービス論とその演習が行われる。実は本部にとってはこの仕事のない地元工務店というのが大切で、地元工務店だからやれること、というのを一つの売りとしているからだ。
続きを読む
posted by s-housing at 20:15| 野辺公一の21世紀工務店の源泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現場監督に秘書?

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 11月16日、SAREXが主催して行った現場監督鍛錬塾の講師として、現場監督向けにセミナーを行いました。
 普段、私が行うセミナーは、一方的に私がしゃべり続けるものですが、今回は、私自身、大変気合いが入っていたこと、人数も10人程度と少人数であったことから、ソクラテス方式(要するに指名して回答を求めながら講義を行う形式)にて行いました。

 私が、当日の講義で最も述べたかったことは、「現場監督と下請業者の質が格段に向上すれば、欠陥住宅などなくなる」という事です。

 もっと言えば、現在、住宅・建築においては、様々な法律が次々と生まれていますが、そもそも現場監督がしっかり図面と現場を管理する体制が確立すれば、わざわざ建築士法を改正する必要はないし、瑕疵担保責任賠償保険を強制保険化する必要もないわけです。
続きを読む
posted by s-housing at 09:27| 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。