2007年09月04日

積水ハウスに営業停止命令 建設業法遵守とコンプライアンス

執筆者秋野卓生
●匠総合法律事務所

 国土交通省は8月27日、大手住宅メーカー、積水ハウス(大阪市)に対し、建設業法違反があったとして同法に基づき営業停止命令を出しました。

 同社の名古屋特建事業部が、建設工事の現場に専任の技術者を置く法律上の義務を怠っていたという理由で9月11日から15日間、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県において営業活動が禁止される事となったのです。
 
 プラス1 7月31日号 でも解説しましたが、今、国土交通省は、建設業法違反行為に対して厳罰化の方向で動いています。
 
 積水ハウスという大手ハウスメーカーに対する営業停止命令という重い処分は、明らかに一罰百戒を期したものと思われますが、今後、ビルダーの皆様も知らずと犯している建設業法違反には気をつけなければなりません。
続きを読む
posted by s-housing at 15:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 秋野卓生の住宅法律相談所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。